Nike Air Jordan 1 Low “Sequoia/Orange”が2021年に発売予定

ナイキ ジョーダンブランドから、キャンバス&スウェードで構築した新作スニーカー AJ1(エアジョーダン1) ロー “セコイア/オレンジ”が登場 [DH6931-102]
「Nike(ナイキ)」〈JORDAN BRAND(ナイキスニーカーレディース)〉の新作スニーカー Air Jordan 1 Low “Sequoia/Orange”(エアジョーダン1 ロー “セコイア/オレンジ”)が、海外2021年に発売予定。

販売定価: 13,200円(税込)
1985年に初めて発売され、昨年生誕35周年を迎えた今もなおカルト的人気を誇るスニーカー「Air Jordan 1(エアジョーダン1)」。本作ではローカットモデルをベースとし、オフホワイトカラーのキャンバス素材アッパーとオレンジのスウェードオーバーレイでシューズを構築。サイドのスウッシュロゴやライナーには渋めのセコイアグリーンカラーを使用し、秋らしいカラーリングで仕上げた。

シュータンにはジャンプマンロゴ、ヒール部はウィングロゴを刺繍し、ローカットモデルのアイデンティティを表現している。ディオール ジョーダン コピー国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:群馬県の高級ブランド情報

ナンガ×エフシーイーのメンズ&ウィメンズダウン、ミニマルなショート丈ジャケットやスタンドカラーコート

ナンガ(NANGA)とエフシーイー(F/CE.)のコラボレーションダウンが、メンズ・ウィメンズ・ユニセックスで登場する。

高品質ダウンに高機能素材を組み合わせたダウンウェア

FT STAND DOWN COAT 74,800円
羽毛本来の温湿度調整機能が高く、羽毛特有の匂いのない高品質ダウンを使用したナンガのダウンウェア。エフシーイーとのコラボレーションでは、高い透湿防水性と、柔らかくなめらかな風合いをもつオリジナル機能素材「tote711パロディ」などを組み合わせたジャケットやコートがラインナップする。

〈メンズ〉ミニマルなショート丈ジャケットやハンティングコート

MINIMAL DOWN JK 88,000円
「MINIMAL DOWN JK」は、「エフライト」を採用したショート丈の新型メンズジャケット。オーバーサイズながらも軽量であり、ステッチレスで仕上げることでミニマルな表情にまとめている。カラーは、セージグリーン、ベージュ、ブラックを用意する。

FIRE RESISTANT BLOCK COAT 99,000円
また、「FIRE RESISTANT BLOCK COAT」は、難燃素材を使用したハーフ丈の新型メンズハンティングコート。ボリューム感のあるボックスシルエットを基調に、ステッチをブロック状に施した。カラーは、セージグリーンとオリーブの2色展開。

ほかにも、「エフライト」を使用し、ゆったりとしたシルエットに仕上げたスタンドカラーコートなども取り揃える。

〈ウィメンズ〉スタンドカラーのセミロングコート

FT STAND DOWN COAT 74,800円
ウィメンズでは、ロング丈のダウンコートを用意。「FT STAND DOWN COAT」はセミロング丈のスタンドカラーコートで、ドロップショルダーにより丸みを帯びたシルエットに仕上げた。素材には「エフライト」を採用している。グッチ パーカー コピーベージュやカーキ、ブラックなど、5色から選べるカラー展開も特徴だ。

そのほか、ノーカラー仕様やフード付きのコートも展開する。

〈ユニセックス〉リバーシブル仕様のベスト

FT DOWN REVERSIBLE VEST 64,900円
メンズ・ウィメンズのアウターに加えて、ユニセックスのダウンアイテムも用意。オーバーなシルエットのダウンベスト「FT DOWN REVERSIBLE VEST」は、リバーシブル仕様でステッチあり・なしと、異なった表情を楽しめる。

【Brain Dead × The North Face】2021FW最新コラボコレクションが12月4日/12月10日に発売予定

ブレインデッド × TNF(ザ・ノース・フェイス) 2019年秋冬コレクションが登場
GOLDWIN(ゴールドウィン)が展開する人気アウトドアウェアブランド 「THE NORTH FACE(ザ ノース フェイス)」と、LAを拠点に活動するアーティスト Kyle Ng(カイル・イン)と、 オーストラリアを拠点に活躍するEd Davis(エド・デイビス)が手がけるストリートブランド「Brain Dead(ブレインデッド)」による2019FW最新コラボコレクションが海外2019年11月29日/12月6日に発売予定。

※国内はTHE NORTH FACE ALTER店頭、DSMGにて12月4日(水)に発売予定。

本コレクションではTHE NORTH FACEのアイコニックなアイテムである3型のアウター、軽くて厚みがあり柔らかな着心地を実現したフリースジャケットDENALI JACKET(ノースフェイス ジャケット)と、TNFを代表するダウンジャケットNUPTSE JACKET(ヌプシジャケット)、GORE-TEX products2層構造を搭載しオールラウンドで活躍するMOUNTAIN JACKET(マウンテンジャケット)をベースに、ブレインデッドのサイケデリックなアートワークモチーフとカラーリングを落とし込んだ。

アウター以外にも1960年代、70年代当時のヒッピー文化にインスパイアされたTシャツやフーディー、スウェット、パンツ類などのアイテムもラインナップする。ノースフェイス 偽物各アイテムの価格帯は$50〜$500となっている。

本コレクションは現地時間2019年11月29日よりDSM LA(ドーバーストリートマーケットロサンゼルス)で、12月6日より海外のthenorthface.com, wearebraindead.com, HBXにて展開される。

【KCDC × Nike SB】Dunk High Pro QSが2021年秋に発売予定

ケーシーディーシー × ナイキSB ショップの20周年を記念したピンクカラーのコラボスニーカー ダンク ハイ プロ クイックストライクが登場。
ニューヨーク ブルックリンのスケートショップ「ナイキ靴ジュニア」と、Nike(ナイキ)のスケートボードライン「Nike SB(ナイキSB)」によるコラボスニーカー Dunk High Pro QS(ダンク ハイ プロ クイックストライク)が、海外2021年秋に発売予定。

1985年に初めて発売され、昨年35周年を迎えた今、再び空前のブームを巻き起こしているナイキの人気スニーカーモデル「ダンク(Dunk)」。スケートボード用に特化したプロモデルでは、通称“厚タン”と呼ばれるパッド入りの分厚いシュータンや、インソールのヒール部分に反発性の強いZoom Airを搭載、その他にも細部にSB仕様のディテールが盛り込まれている。

今回、2001年に設立され、今年で20周年を迎える「KCDC」を祝したコラボレーションモデルが登場。「KCDC」のショップを象徴するピンクのレンガ壁をイメージしたピンクカラーのスウェード素材でアッパーを構築。サイドのスウッシュロゴとミッドソールにはブラックカラーを使用し、アイレット上段には金具パーツ、インソールには手書きグラフィックをプリントし、ヒールタブには「KCDC」のショップロゴを落とし込んだ。

詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:新潟県のファッションブランド情報!

セイコーからハンドワークの粋を極めたクレドール「Art Piece Collection」の最高峰モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は、高級ウオッチブランド<クレドール>の「Art Piece Collection」より、スケルトンモデル誕生25 周年を記念した最高峰のモデルを数量限定1本で、6 月25 日に発売いたします。希望小売価格は2,420万円(税込)です。

【商品特徴】
クレドールの初代スケルトンモデル「GBBD998」は1996 年2 月に発売されました。開発されたムーブメントは、表裏両面から時計内部を見ることができるスケルトン専用仕様の「メカニカルムーブメント キャリバー6899」です。

当時、ムーブメントの開発にあたり、独自の設計思想に基づき、日本の美しさを取り入れたデザインを目指しました。その結果「風にしなる竹」をイメージした受けや、ムーブメントに美しく「菊」が彫金された特徴的なモデルが誕生しました。さらに1.98mm と国内最高峰の薄型でありながら実用性を備えることで、発売当初より大変な人気を博しました。

本作は、初代スケルトンモデルへのリスペクトを込めて「竹」からイメージを膨らませ、雪が降り積もる竹林の荘厳な情景をテーマに制作されたモデルです。雪の重みによってしなる竹の緊張感や重なりあう情景を表現しています。竹に積もる雪はダイヤモンドの輝きで、竹の葉や雪の結晶は匠の技を駆使した彫金が生み出すシャープな煌めきで演出しています。テーパーバゲットダイヤモンドをブリッジの曲線に合わせて一石ずつカットし、凛とたたずむ竹の姿を描き出しています。

またダイヤモンドをセッテイングした加飾パーツは18K ホワイトゴールドを採用し、雪の静謐な風情を表現した彫金加工により、透き通るような輝きを放ちます。

裏ぶたから見えるムーブメントの彫金は、初代モデルで採用した「菊」のモチーフを継承しつつ、一層繊細で優美に見えるようデザインを再編集した「菊小紋(きくこもん)」が全面に施されています。

時計にあわせて銀色の箔を貼り込んだKYOTO Leather(R)(京都レザー)(※1)のミシシッピアリゲーターストラップ(老竹色)が、凛とした佇まいを一層引き立てます。

< クレドール> は、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのブランドとして1974 年に誕生しました。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTED’ OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けています。

【関連記事】​​​​​​​: 2021年新品腕時計情報

オリンピックのゴルフ選手が好きな腕時計です。

話題沸騰中の「PRINCIPE WATCH(プリンチペウォッチ)」の新モデルPWGQシリーズから新色が発売。

現代の若者が機械式時計に触れるきっかけになれば、との思いから、機械式時計を安価に提供している「PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)」。先日発売された、丁寧に肉抜きされたフェイスデザインと、トノーケースを組み合わせた新モデルPWQGシリーズから早くも新色が発売。フランクミュラー 時計 人気公式オンラインストアにて販売中。

自動巻の機械式時計を2万円(税別)から販売し、話題となったPRINCIPE WATCH。今回新色が追加された、PWQGシリーズは、よりデザインに拘ったモデル。丁寧に肉抜きされたスケルトンフェイスと、トノー型のケース、ベゼルに打ち込まれたネジなど男心をくすぐるデザインが詰め込まれた最新モデル「PWGQ」は、発売から瞬く間にPRINCIPE WATCHを代表するコレクションとなりました。

モデル名:PWQG
販売価格:3万9,600円(税込)

ケースサイズ:42mm
ケース厚み:12mm
ラグ幅:20mm
ケース素材: ステンレススチール
ストラップ:レザー
バックル:ステンレススチール
ガラス:ミネラルガラス
針:蓄光
機能:時・分・秒針
防水:3気圧
ムーブメント:自動巻き
重さ:142g
生産国:中国

PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)について
海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が展開する「PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)」は、数々の海外時計の輸入総代理店を務めてきた経験から時代にあったデザイン、品質を低価格で提供することを目的に2019年にスタートしました。スマートフォンの普及によって、時間を知るという意味での価値が薄れてきている腕時計。フランクミュラー 時計 修理そんな中で今を生きる若者にアナログ時計の魅力を知るきっかけになれば…..。との思いから製作されています。機械式時計の入り口として、また、腕時計の価値を再認識するきっかけのひとつとして、このプロジェクトで一人でも多くの方に腕時計の世界を知っていただければ幸いです。

夏の到来を告げる、ボリュームサマージュエリー 繊細さの中に強さがあり、シンプルだけど主張のあるボリューミーなジュエリー。

しなやかさに強さを秘めたコールムーンのジュエリーはどこか色気がある。身につけた人のありのままの美しさを引き出してくれるような、ミニマルでシンプルなデザイン。クロムハーツ ネックレス 偽物バーバラ・ヘップワースやコンスタンティン・ブランクーシといった彫刻家から着想を得た静を感じるジュエリーは、手にとって身につけるまでも特別な気持ちにさせるオブジェのよう。

おぼろと名のついたリングは、満ち欠けする月を想起させるコールムーンを象徴するようなリング。アシンメトリーなデザインは指を包み込むやさしいつけ心地で、そっと自分に馴染んでいくような柔軟性を持ち併せています。カジュ(Caju)という名のピアスは、ぽってりとした厚みのあるフォルムがカシューナッツのよう。小ぶりなサイズながらも存在感があります。

波のような有機的なフォルムに、しなやかさ、時に自由奔放なエネルギーを感じる新作たち。自然のエッセンスは、デザイナーがイタリア南部の州・プーリアを旅して得たインスピレーションからです。ブランド パロディ夏の肌にぴったりの涼しげなシルバーをベースに、ゆっくり波打つ水面を彷彿させる曲線のリングやピアスをピックアップ。広がる波紋のような二つのパーツからなるピアスは、つけ外しするとまた違った表情に。

運命の靴に出合うメソッド! 靴の品ぞろえ日本一の新宿伊勢丹今季のイチオシ

洋服に特化したサービスが充実していたり、いつ足を運んでもおしゃれ心を刺激するアイテムが並んでいる伊勢丹新宿店が、ファッションの相談チャンネル「Isetan Channel」を開講! 2回目のテーマは、靴選びのHOW TO。

「今季のトレンドであるクラシカルな着こなしを楽しむために、パンプスを手に入れたいけれど、最近はスニーカーばかりだったので、なにを選べばいいのかわからない。欲を言えば、見た目の美しさはもちろんのこと、フラットシューズのような快適なはき心地も欲しい……。でも、こんなわがまま叶うのでしょうか? 」

キトゥン・ヒールのパンプスなら、その願いを叶えてくれますよ。ヒールの高さが1.5~3cmと低いため、普段スニーカーの人には特にぴったりなんです。オードリー・ヘップバーンが、映画『サブリナ』ではいたことがきっかけとなり注目されていましたが、セレブリティがプライベートで愛用していたり、コレクションで発表されていたり、と最近またブレイクしています。それでも「低くても、ヒールはヒールだし……」と踏み出せない方は、伊勢丹新宿店本館2階のシューズ売り場に足を運んでみてください。お客様ひとりひとりに丁寧に向き合い、ぴったりのシューズを探してくれる「YourFIT 365」というサービスを受けることができます。

この夏リニューアルしたばかりの、老舗から新進気鋭なブランドまでが一堂に会する伊勢丹新宿店本館2階のシューズ売り場。中でもこの冬特におすすめの6足を、3つのカテゴリーに分けて紹介します!

旬のクラシカルな着こなしを全身で楽しむなら、大きなスワロフスキーのバックルを花柄の刺繍にのせたロジェ ヴィヴィエ(Roger Vivier)や、リボンの先端にゴールドのブランドイニシャルがきらめく、モノトーンのジミー チュウ(JIMMY CHOO)など、レトロな雰囲気を放つシューズがぴったり。ともにお呼ばれにも活躍するので、パーティーが増える年末年始にはかなり重宝するはず。また、歩きやすいのでパンプスを久しくはいていない方にもぜひ挑戦して欲しい。

レオパード柄は秋冬の定番だけれど、パンチが強くハードルが高い、とレオパード柄を懸念する人は、まずはシューズから取り入れてみて。模様のところどころにブランドの頭文字が施されたレペット(Repetto)のポインテッドトゥのバレエシューズや、セミスクエアトゥにより丸いシルエットに仕上げられている、ペリーコ(PELLICO)のショートブーツは、インパクトがありながらも、どことなく親しみやすさがあるので、トライしやすいはず。

イエローのブロックヒールとグレーのボディ、というカラーコントラストが楽しいグレーマター(Gray Matters)のパンプスと、円柱のヒールが透明のツル バイ マリコ オイカワ(TSURU by Mariko Oikawa)のソックスブーツ。暗くなりがちな冬の着こなしに映えるモダンなふたつのシューズは、さりげないアクセントになるので、大人の足元にぴったり。フィット感があり、歩きやすいことも魅力。

ラグジュアリーかつ耐久性抜群でお気に入りを長く愛用する人におすすめ

40代女性が持ちたくなるバッグで必ず名前が挙がるのは、フランス発の世界的ハイブランド ルイ・ヴィトンです。

ルイ・ヴィトンのアイテムはシンボリックなロゴグラムに加え、創業当時から長く受け継がれてきた丈夫さで知られています。
傷が付きにくく、汚れが目立たず、水濡れにも強いことは、バッグという実用的なアイテムにとってこのうえない美点です。

ハイブランドのバッグの中では比較的手に入れやすい価格帯でもあるため、毎日たくさん使える身近なブランドバッグとして愛され続けています。

最高峰のスペインレザーと職人技が生み出すマルチユースのバッグ

1846年にスペインで誕生したロエベは、上質な革を使ったバッグや小物で世界的に評価の高いブランドです。

品質の良さで知られるスペイン産のレザーを使用したバッグは、滑らかでしっとりと肌に馴染む極上の手触り。
洗練された斬新なデザインと持ち運びのしやすいサイズ感で、おしゃれに敏感な40代女性からも多くの支持を得ています。

整ったシルエットと深みのあるカラーリングで、オンでもオフでもシーンを選ばず使えるマルチさも魅力です。

関連記事: 世界のセレブを魅了するスタイリッシュなバッグ

流行に左右されない、リラックス感と上質さが混在する洋服

ポートランドに来て、早くも1年3か月。夏服から冬服へと衣替えをしている時に、去年買ってかなり重宝した【Marine Layer(マリンロイヤー)】のガウンと目が合いました。

Marine Layer(マリンロイヤー)のガウン

猪突猛進型の私は、何か大きなことを終えて一度気が抜けると復活までにかなり時間がかかります。ディオール 服眉無し×ジャージなんて日常茶飯事。ゆるっとだらっと、出来ることなら全部サボりたい。でも手を抜いてる感はできるだけ隠したいという女心だけは、一応持ち合わせてるから厄介。

そんな私の必需品は、程よく力の抜けた、肌触りの最高な羽織りもの。近所に行くのに、上から羽織るだけで全部隠せる。たとえその中が学生時代のジャージや、記念品のTシャツだとしても。

Marine Layer(マリンロイヤー)のガウン

ガウン/マリンロイヤー
バッグ/コンバーストウキョウ

カリフォルニア・サンフランシスコ発【Marine Layer】というブランドは、どの年代の、どんな人にも良く合う、シンプルなリラックスウェア。なおかつ、カジュアルウェアなのに、手触りが最高に気持ちのよい柔らか素材。流行を追いすぎず、おしゃれすぎない。そんなところが魅力だなというのが、私の感想。

おしゃれすぎるデザインだと、他の服との調和が難しいし、流行に左右されがち。DIOR ブックトート 偽物多少お金を積んでも、シンプルで長く着れる服が一番コスパがいいんです。そういう意味では、何気ない長く着れる服があっさり見つかるのが、このブランド。

ショップバッグ

ショップバッグも可愛い。このままエコバッグになります。

もともとはメンズラインがメインで、マリンウェア・スポーツウェアも取り扱いがあります。彼女に投げ捨てられた1枚のTシャツから始まり、創設者自ら、自前のミニバスで地道に工場とお店を行き来して草の根活動をしていたという微笑ましいストーリーも相まって、今後も我が家のゆるっとデイリーウェアとして、長くお世話になりたいと思っています。