セイコーからハンドワークの粋を極めたクレドール「Art Piece Collection」の最高峰モデルが登場

セイコーウオッチ株式会社は、高級ウオッチブランド<クレドール>の「Art Piece Collection」より、スケルトンモデル誕生25 周年を記念した最高峰のモデルを数量限定1本で、6 月25 日に発売いたします。希望小売価格は2,420万円(税込)です。

【商品特徴】
クレドールの初代スケルトンモデル「GBBD998」は1996 年2 月に発売されました。開発されたムーブメントは、表裏両面から時計内部を見ることができるスケルトン専用仕様の「メカニカルムーブメント キャリバー6899」です。

当時、ムーブメントの開発にあたり、独自の設計思想に基づき、日本の美しさを取り入れたデザインを目指しました。その結果「風にしなる竹」をイメージした受けや、ムーブメントに美しく「菊」が彫金された特徴的なモデルが誕生しました。さらに1.98mm と国内最高峰の薄型でありながら実用性を備えることで、発売当初より大変な人気を博しました。

本作は、初代スケルトンモデルへのリスペクトを込めて「竹」からイメージを膨らませ、雪が降り積もる竹林の荘厳な情景をテーマに制作されたモデルです。雪の重みによってしなる竹の緊張感や重なりあう情景を表現しています。竹に積もる雪はダイヤモンドの輝きで、竹の葉や雪の結晶は匠の技を駆使した彫金が生み出すシャープな煌めきで演出しています。テーパーバゲットダイヤモンドをブリッジの曲線に合わせて一石ずつカットし、凛とたたずむ竹の姿を描き出しています。

またダイヤモンドをセッテイングした加飾パーツは18K ホワイトゴールドを採用し、雪の静謐な風情を表現した彫金加工により、透き通るような輝きを放ちます。

裏ぶたから見えるムーブメントの彫金は、初代モデルで採用した「菊」のモチーフを継承しつつ、一層繊細で優美に見えるようデザインを再編集した「菊小紋(きくこもん)」が全面に施されています。

時計にあわせて銀色の箔を貼り込んだKYOTO Leather(R)(京都レザー)(※1)のミシシッピアリゲーターストラップ(老竹色)が、凛とした佇まいを一層引き立てます。

< クレドール> は、日本人の感性と精緻を極めた技術により、豊かな個性を持つ高級ドレスウオッチのブランドとして1974 年に誕生しました。フランス語で「黄金の頂き(CRÊTED’ OR)」を意味するその名前に相応しく、ムーブメントから細かな部品のひとつひとつに至るまで、厳選された素材に名工の技術を注ぎ込み、その美しさと品質を守り続けています。

【関連記事】​​​​​​​: 2021年新品腕時計情報

オリンピックのゴルフ選手が好きな腕時計です。

話題沸騰中の「PRINCIPE WATCH(プリンチペウォッチ)」の新モデルPWGQシリーズから新色が発売。

現代の若者が機械式時計に触れるきっかけになれば、との思いから、機械式時計を安価に提供している「PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)」。先日発売された、丁寧に肉抜きされたフェイスデザインと、トノーケースを組み合わせた新モデルPWQGシリーズから早くも新色が発売。フランクミュラー 時計 人気公式オンラインストアにて販売中。

自動巻の機械式時計を2万円(税別)から販売し、話題となったPRINCIPE WATCH。今回新色が追加された、PWQGシリーズは、よりデザインに拘ったモデル。丁寧に肉抜きされたスケルトンフェイスと、トノー型のケース、ベゼルに打ち込まれたネジなど男心をくすぐるデザインが詰め込まれた最新モデル「PWGQ」は、発売から瞬く間にPRINCIPE WATCHを代表するコレクションとなりました。

モデル名:PWQG
販売価格:3万9,600円(税込)

ケースサイズ:42mm
ケース厚み:12mm
ラグ幅:20mm
ケース素材: ステンレススチール
ストラップ:レザー
バックル:ステンレススチール
ガラス:ミネラルガラス
針:蓄光
機能:時・分・秒針
防水:3気圧
ムーブメント:自動巻き
重さ:142g
生産国:中国

PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)について
海外時計の輸入総代理店「プリンチペプリヴェ」が展開する「PRINCIPE WATCH(プリンチペ ウォッチ)」は、数々の海外時計の輸入総代理店を務めてきた経験から時代にあったデザイン、品質を低価格で提供することを目的に2019年にスタートしました。スマートフォンの普及によって、時間を知るという意味での価値が薄れてきている腕時計。フランクミュラー 時計 修理そんな中で今を生きる若者にアナログ時計の魅力を知るきっかけになれば…..。との思いから製作されています。機械式時計の入り口として、また、腕時計の価値を再認識するきっかけのひとつとして、このプロジェクトで一人でも多くの方に腕時計の世界を知っていただければ幸いです。